入れ歯|新大宮・奈良市で歯医者、歯科医院をお探しなら西田歯科医院

0742-34-8558

木・日祝休み|完全予約制

入れ歯Denture

2018月11月14日〜2019月1月7日までリニューアルに伴い医院改装予定ですので、診療をお休み致します。
WEBサイトに掲載している内容はリニューアル後の内容になります。
ご迷惑をおかけ致しますがご了承お願いいたします。
リニューアルと合わせて最新の歯科治療機器も導入し、より患者様に高いレベルの歯科治療を提供いたします。

2019年1月8日から通常診療を開始予定!!

入れ歯治療Denture

西田歯科医院では、保険適用の入れ歯のほかにも様々なタイプの入れ歯(自費)を取り扱っております。

保険の入れ歯は「費用が安い」というメリットがある一方、作り方や使用する材料が決められているため、すべての方にご満足いく入れ歯が作製できるとはかぎりません。そのため「違和感が大きい」「うまく咬めない」「会話が楽しめない」といったお悩みを抱えている方も大勢いらっしゃいます。

当院ではこれらのお悩みに対応したメニューをいくつもご用意しております。「入れ歯で快適な生活を送りたい」「初めての入れ歯に不安がある」とお考え方は、ぜひお気軽に当院までご相談ください。

個々のお口に合った「型取りトレー」の作製

お口にピッタリとフィットする入れ歯を作るためには、まずその方の歯や歯ぐき、周囲の粘膜や筋肉の形などを、型取りで正確に写し取らなければなりません。しかし既成のトレーはサイズがある程度決まっており、これらすべての情報をきれいに型取りすることにも限界があります。

そこで当院では既成トレーを使用した1回目の型取りで、個々のお口の大きさに合った患者様専用の「型取りトレー」を作製していきます。型取りが2回必要になりますが、この過程を1つ増やすことで患者様のお口にピッタリ合った入れ歯が作製できるようになります。

当院で取り扱っている入れ歯Denture

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯のお悩みとして多いのが、入れ歯を支えるバネ(クラスプ)が表に見えて見栄えが悪くなってしまうこと。入れ歯のバネには金属が使用されるため、どうしても人の目に付きやすくなります。

ノンクラスプデンチャーはバネに金属を一切使用しないため、装着してもバネの部分が人目に触れることはありません。また金属アレルギーのある方でも、安心して部分入れ歯をご使用いただけます。

ノンスクラプデンチャー

ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャー

「入れ歯を入れると、とにかく痛い」
「入れ歯が大きくて違和感が強い」
「入れ歯が動いてうまく食べ物が咬めない」

このようなお悩みのある方に、ぜひおすすめしたい入れ歯がミラクルデンチャーです。ミラクルデンチャーは従来の入れ歯よりも小さくて軽く、フィット感にも優れるため入れ歯による様々な不快感を解消できます。今使っている入れ歯がどうしても合わないとお感じの方は、ぜひ一度ご相談ください。

金属床

金属床は入れ歯の一部に金属を使用しています。

保険の入れ歯はすべてをプラスチック樹脂で作製するため、強度を保つためにある程度厚みを持たせなければなりません。しかしその厚みが入れ歯の違和感を強くしたり、食べ物や飲み物の温度を感じにくくしたりします。

人目に触れない部分を金属に置き換えた金属床は、金属を使用することで入れ歯の厚みを薄くできるため、入れ歯による違和感を軽減できます。また金属は温度を粘膜に伝えやすくするため、これまでと同じような感覚で食事を楽しめるようになります。

金属床

入れ歯を清潔に長く使うために

ピカッシュ(入れ歯抗菌)

ピカッシュ

当院では「ピカッシュ」という、入れ歯の表面に銀イオンによる抗菌コーティングをおこなう機器を導入しています。

入れ歯は雑菌が非常に繁殖しやすいため、毎日こまめに洗浄しても嫌なニオイやぬめりが発生してしまいます。しかしピカッシュは入れ歯本体に抗菌力を持たせるため、ニオイやぬめりの原因となる細菌の増殖を防ぎます。

ピカッシュの効果は1回のコーティングで3ヶ月ほど続くため、入れ歯を入れても衛生的で快適な口腔環境を維持することができます。

当院にて取り扱っておりますのでお気軽にお問合せください。

院長のワンポイントコラム

なぜ入れ歯安定剤を使っても、入れ歯が外れたり、食べ物が挟まったりするのでしょう。それには大きく2つの原因が考えられます。

その1つは歯ぐきや骨の形、咬むときの筋肉の動きなど、お口の中の環境は人によって大きく異なるからです。入れ歯を選ぶ際は、現在のご自身のお口に最もふさわしい入れ歯を選択していくことが大切です。

また初めはピッタリしていた入れ歯も、少しずつお口に合わなくなってしまいます。それはお口の環境が常に同じ状態になく、年齢を重ねるごとに少しずつ変化していくからです。

そのため入れ歯は作った後も定期的にメンテナンスをおこない、加齢による変化に合わせながら調整していくことも必要です。

医院メニューClinic menu

Copyright © Nishida Dental Clinic All Rights Reserved.