審美歯科|新大宮・奈良市で歯医者、歯科医院をお探しなら西田歯科医院

0742-34-8558

木・日祝休み|完全予約制

審美歯科Cosmetic Dentistry

2018月11月14日〜2019月1月7日までリニューアルに伴い医院改装予定ですので、診療をお休み致します。
WEBサイトに掲載している内容はリニューアル後の内容になります。
ご迷惑をおかけ致しますがご了承お願いいたします。
リニューアルと合わせて最新の歯科治療機器も導入し、より患者様に高いレベルの歯科治療を提供いたします。

2019年1月8日から通常診療を開始予定!!

審美治療でとびっきりの笑顔をSmile

審美治療は従来の治療による「病気の改善」「機能の回復」にくわえ、「美しさ」を追求していく歯科治療です。その「美しさ」の中には見た目の美しさだけでなく、周囲の組織と調和した咬み合わせや、虫歯や歯周病になりにくいお口の環境整備も含まれています。

奈良市新大宮の西田歯科医院ではホワイトニング治療をはじめ、生体に優しいセラミックや金を使用した様々な審美治療メニューをご用意しております。

「被せ物を白くしたい」
「前歯をもっと美しくしたい」
「虫歯になりにくい材料で治療してほしい」
「歯の黄ばみをきれいにしたい」

このようなご希望のある方は、ぜひ一度当院へご来院ください。当院では審美治療を通して、皆様の笑顔とお口の健康をサポートしてまります。

マイクロスコープ

マイクロスコープによる精密審美治療

マイクロスコープを使用する事で、肉眼では見る事が困難なミクロレベルで治療することが可能です。一般的な治療方法として歯を削ってかぶせ物をすることが多いのですが、どうしても削ったところから隙間が生じてしまい、プラークがたまったり、細菌感染を起こし虫歯や歯周病の原因になります。

二次的な虫歯を防ぐためには、削った歯とかぶせ物の隙間を如何にして防ぐかが重要なポイントです。

当院では、マイクロスコープを使用することで肉眼では見えなかった細かな隙間も見逃す事なく治療をおこなっております。

自費治療と保険治療の違いthe difference

歯科治療には患者様が費用の一部を負担する保険治療と、費用の全額を負担する自費治療の2種類あり、それぞれで選択できる治療法や材料などに違いがあります。

当院では両者のメリットとデメリットをしっかりご説明したうえで、患者様のお口の状態やご希望、ご予算に合わせて治療法をご提案しております。

保険診療

保険治療は国内のどの歯科医院を受診しても費用が一律です。自費治療と比べて費用が安いというメリットの一方で、保険治療では治療法や使用する材料に制限が設けられています。そのため常に最適な治療をご提供できるとは言い難く、患者様のご要望にもお応えできない場合があります。

さらに詰め物や被せ物に使用する金属やプラスチックは、長く使用している間に変形や変色が起こりやすくなります。また見た目があまり良くないことや金属アレルギーの問題などもデメリットです。

保険治療で使用できる材質
  • 歯科用プラスチック(レジン)
  • 歯科用合金(金銀パラジウム)

自費治療

自費治療は保険治療よりも費用が高額で、また受診する歯科医院によってもその費用は異なります。しかし保険治療のような制限がないため、患者様お一人おひとりに対して常にベストな治療、最適な材料を選択できるようになります。

「贅沢な治療」というイメージを持たれがちな自費治療ですが、単に見た目だけを美しく仕上げる治療というわけではありません。使用するセラミックや金などの材料は歯や歯ぐきに対するフィット感に優れ、将来的な虫歯や歯周病のリスクを抑えることができます。

また自費治療では歯の強度や咬み合わせのバランスにも考慮した治療がおこなえるため、治療後も長く安定した状態を維持できます。

以上のことが結果的に、将来の再治療による身体的、経済的負担を軽減することにもつながっていくのです。

保険治療で使用できる材質
  • セラミック
  • ジルコニア
  • ゴールド(金歯) など

処置内容の違い

自費でで製作する補綴物は、保険診療と比べて精度が高く、審美性も高くなります。
以下に挙げるような処置内容に違いがあるからです。

歯肉圧排(しにくあっぱい)による型取り
自費

専用の糸を使って、歯肉を押し広げます。歯と歯肉の境目が明確となり、印象材を細かい部分まで流し込むことでより正確な型取りが可能です。

保険

基本的に歯肉圧排は行いません。

精度の高いシリコン印象材を使用
自費

変形が少なく、細部再現性の高いシリコン印象材を使用する為、歯の形態を精密に再現した模型を製作することが可能です。

保険

主に寒天印象材を使用します。変形しやすく、細部再現性に劣ります。

補綴物の製作にかける手間と時間の違い
自費

歯科技工士が手間や時間をかけて、補綴物を製作します。

保険

補綴物の製作にかけられる手間や時間が限られています。

補綴物の精度の違い

自費診療と保険診療では、製作過程の随所に細かい違いがみられます。そうした細かい作業が積み重なることで、出来上がった補綴物の精度に大きな違いがあらわれます。審美性、機能性、装着感、それから補綴物の寿命にまで影響します。

詰め物・被せ物の種類についてType

オールセラミック

セラミック

オールセラミックはセラミックのみで作製された被せ物です。歯の色調や透明感などを天然歯に近い状態にまで復元することができます。また金属を一切使用しないため、金属アレルギーの方に安心してご使用いただけます。

メリット デメリット
・色や質感、透明感が天然の歯に近くて美しい
・金属アレルギーのリスクがない
・噛む力が強いと割れる可能性がある

ジルコニア

ジルコニアはセラミックの強度をさらに強くした材料で、セラミック包丁などにも応用されています。

従来のセラミックは「衝撃に弱い」という欠点から、咬み合わせの力が強い部位においては単体で用いることができませんでした。しかしセラミックの弱点を補強したジルコニアは、奥歯の被せ物やブリッジの治療にも使用することができます。

ジルコニア
メリット デメリット
・強度が非常に高いので、壊れにくい
・色や質感が天然歯に近い
・メタルフリーのため金属アレルギーや歯肉の変色が起こらない
・金属アレルギーのリスクがない
・強度が高い故に噛み合う歯を痛める可能性がある

メタルボンド(中は金属・外がセラミック)

セラミック

「メタルボンドは内側を金属で補強したセラミックの被せ物です。金属によって強度が増す一方、光が通りにくいため透明感に劣るのが欠点となります。また金属アレルギーの方にはご使用できません。非常に丈夫で長持ちし、奥歯などの強度が求められ部分にはメタルボンドがオススメです。

メリット デメリット
・セラミックで金属の色を隠せる
・変色が起こりにくい
・金属アレルギーのリスクがある
・金属色が透けて見える可能性がある

ハイブリットセラミック

ハイブリッドセラミックは従来の硬質レジン(プラスチック)にセラミックを配合して、強度や審美性を向上させた材料です。

セラミックよりも安価である点と、セラミックほど硬くないため咬み合わせの歯に優しい点がハイブリッドセラミックのメリットとなります。ただ色調や耐久性などはセラミックよりも劣ります。

ハイブリットセラミック
メリット デメリット
・天然の色に近づけることが可能
・オールセラミックほど硬くない為、天然歯を傷つけない
・変色や劣化が起こる
・通常のセラミック材料より強度が低い

ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートべニアは「歯のつけ爪」のようなもので、歯の表面をわずかに削って薄いセラミックチップを貼りつけていきます。他の被せ物よりも歯を削る量が少なくてすむのがメリットです。

ホワイトニングでは白くできないケースや、歯の色と同時に形や歯並びを整えたいケースに適した治療法です。

メリット デメリット
・歯の大きさや形を自由に設定できる
・ホワイトニングでは白くできない歯の色も改善できる
・治療期間が短い
・健康な歯を削る必要がある
・噛む力が強いと割れることがある

金歯(ゴールド)

審美治療で金歯を選ぶ理由、それは金が他の歯科材料と比べて長持ちしやすいからです。

金はまず他の材料のように割れたり折れたりする心配がありません。また温度変化や化学変化の激しいお口の中でも非常に安定し、錆びたり変形することもありません。なにより金は歯や歯ぐきになじみやすく、表面も滑らかであるため、細菌(プラーク)の付着を予防します。

金歯はそれ自体が非常に安定していること、また歯に密着して細菌をよせつけないことなどから、「治療後も歯を長持ちできる究極の審美治療」と当院では位置付けています。

金歯(ゴールド)
メリット デメリット
・虫歯になりにく
・適合性に優れておりアレルギー心配がほとんどない。
・噛み合う歯を傷めない
・歯科材料の中で一番長持ちする材料
・色調がゴールド色
フェイス・ボウ

審美治療後の正しい噛み合わせを実現する
フェイスボウ

フェイスボウは、模型上で患者様の上顎と顎の関節の位置を正確に再現する医療器具です。

歯科の被せ物は通常、患者様の歯型を元にして作った石膏模型上で作製していきます。その際「咬合器(こうごうき)」と呼ばれる機器に上下の模型を装着し、お口の中での咬み合わせを再現していきます。それと同時に顎の関節の位置も正しく再現していくのがフェイスボウです。

咬み合わせは顎の関節の動きと連動しているため、両者のバランスが崩れてしまうと咬み合わせにストレスを感じたり、顎の関節に大きな負担を与えたりする恐れがあります。

当院の審美治療では周囲の組織と調和した咬み合わせを実現するため、フェイスボウによる咬合診断を必ずおこなっております。

ダイレクトボンディングDirect bonding

ダイレクトボンディングは小さな虫歯の治療や、歯と歯のすき間を埋める際に用いる治療法です。

同様の治療に保険が適用されるコンポジットレジン治療がありますが、ダイレクトボンディングではそれよりもさらに審美性や耐久性に優れた材料を使用します。

また当院ではダイレクトボンディングをマイクロスコ―プ下にておこなっております。これにより歯を削る量を最小限に抑えられるほか、歯と詰め物の間を緊密にする精度の高い治療を実現しています。

ダイレクトボンディングは次のような治療をご希望の方におすすめです。

  • 歯と歯の間のすき間(すきっ歯)を治したい
  • 欠けてしまった歯を元の状態に治したい
  • 変色した詰め物をきれいにしたい
  • 小さな虫歯で、できるだけ歯を削りたくない

院長のワンポイントコラム

「当院では患者様のお口の状態によって「金歯(ゴールド)」をおすすめすることがあります。

金歯については、あまり良いイメージをお持ちでない方もいらっしゃるでしょう。しかし金は数ある歯科材料の中で「最も歯に優しい材料」といっても過言ではありません。

金はまず歯に馴染みやすく虫歯になりにくいという性質を持っています。また金は歯と同程度の硬さであるため、咬み合わせる歯を傷つけることがありません。

審美治療というと「歯を白くする」ということが先行しがちですが、歯にとって最も重要なことは「いかに長持ちさせるか」ということです。その点を追求していくことこそ、究極の審美歯科治療であると私たちは考えています。

医院メニューClinic menu

Copyright © Nishida Dental Clinic All Rights Reserved.